亀頭増大手術の注意点

亀頭増大手術の注意点

包茎の手術ではないというのが亀頭増大の手術の大きなポイントです。

 

亀頭増大の手術は包茎手術とは異なり、真性包茎、カントン包茎を包茎手術のように
治していくことはできません。

 

亀頭増大の手術は、亀頭自体を大きくさせることを目的としていて、
亀頭に医療用動物性たんぱく質を注入させます。

 

重い症状ではない仮性包茎では、これで包皮が亀頭に被らなくなることも
あるのですが、中、重度の包茎だと、この手術だけで包茎を治していくのは、かなり
難しくなっています。

 

 

そして、亀頭増大の手術後は数日〜一週間はセックスをしてはいけないようになっています。
入浴や自慰もしてはいけないのですが、定期的な通院をしていく必要がある場合もあります。

 

これはどのような注入剤を使ったのかということに影響してきて、より亀頭増大の効果を
持続させる為に定期的に注入をしていきます。

 

包茎手術と並行して亀頭増大手術を行うように勧めるところもあります。
こうしたところは悪質はクリニックといえるのですが、万が一、こうしたことを勧められた際には、
必ず断るようにしなければなりません。

 

女性にとっては、亀頭が大きすぎるとセックスをする際に痛みを感じさせてしまうことがあります。

 

なので、大きな亀頭の方が女性にとっていいということではないのですが、
仮に亀頭増大の手術を考えている人は、初めにパートナーと手術や亀頭の大きさなどについて
よく相談していくようにした方がいいようです。