亀頭増大手術のリスク

亀頭増大手術のリスク

亀頭増大の手術は、それほど時間もかからず、痛みもあまりありません。

 

亀頭に注入剤を入れたり、ペニスの皮を数ミリ切るものになりますが、手術には経験、熟練が
重要なものになります。
なので、しっかりと信頼できる医師に手術を行ってもらうようにしないといけません。

 

手術は、腫れや痛みを生じさせることもあるのですが、これは注入剤を注射する際に、
量を間違ってしまったり、場所を間違ってしまうと起きてしまいます。

 

亀頭の壊死や亀頭の凹凸ができてしまうこともあるのですが、
これは最悪のケースといえます。

 

なので、手術を受ける際には、クリニックの施術例や手術法などについて、
あらかじめしっかりと確かめてから手術を行うようにしたいものです。

 

費用は、亀頭に注入する注入剤の量で変わってきます。
これはどのくらい亀頭を増大させるのかということでも変わってくるのですが、
注入剤というのはある程度、時間が経つと効果がなくなってしまいます。
再度、手術を受けていく必要があるのですが、最終的にどくらい費用がかかるのかも
よく見ていきたいものです。

 

手術をした後に、注入剤でアレルギーを起こしてしまうこともあります。
なので、アフターケアというものも非常に重要になります。

 

まずは、アフターケアなどをしっかり行うクリニックを選び、手術後に異常を感じた際には、
すぐに診察を受けるようにしなければなりません。