亀頭増大のデメリット

亀頭増大のデメリット

ヒアルロン酸の注入が亀頭増大として一番多く行われています。
ヒアルロン酸は、注入後にセックスができないのですが、
これは注入した量やクリニックの考えによって大きく異なります。

 

個人差もあるのですが、多くの場合は2日は行わないようにします。

 

そして、亀頭増大の手術を受けた際には、基本的にクリニックからの指示は絶対従うようになっています。
自家脂肪の注入をした際には、セックスは一ヶ月ほど禁止となっています。
これは脂肪が生着するまでに時間がかかる為です。

 

さらにヒアルロン酸の注入は、時間が経つと効果が薄れてきてしまいます。
注入後に一ヶ月くらいすると、そうなってきてしまうのですが、
コラーゲン注入は、ヒアルロン酸よりは効果が長持ちします。

 

ただ、それでも効果は半年から1年くらいとのことで、
その後には、定期的に手術を受けていく必要があります。

 

最近では、スーパーヒアルロン酸というものもあります。
これは新しい素材のもので2〜4年は効果があります。
半永久的に効果が得られるものも開発されているのですが、なるべく多くの注入剤がある
クリニックを選んでいくといいようです。

 

そして、効果の期間、費用などをしっかりと相談していくようにしたいものです。